記事一覧




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手の悪意に同調しない

あなたがこれまで関わってきた人間関係の中で、相手からのこころない行為を受けたことがあるかも知れません。
それは明らかにあなたを貶めるための悪意ある行為であったり、言動であったりして、あなたにほとんど非がなくても責められたりしたかも知れません。
 
そういう行為をされた時に、あなたはどのように対処してきたでしょうか。相手の悪意に同調して仕返しをしたでしょうか。自らの正当性を主張するために相手を同じように責め立て攻撃をしたでしょうか。

そうした場合、人間関係は周囲の人達を巻き込みながらますます泥沼化していくことが多いでしょう。そしていつしかあなたもまた、悪意ある相手と同じように悪意を抱き、そのような人として周囲の人達から受け止められるようになるかも知れません。

最初にあなたには悪意がなくても、相手の悪意に同調して同じ想いを抱いてしまえば、そして醜い争いの中に身を置いてしまえば、あなたも同じ種類の人になってしまうのです。

一方、あなたがもし相手から悪意ある行為を受けたとしても、それに対して、軽く身をかわしながら誠実な対応で振る舞えばどうなるでしょうか。
周囲にいる人達は、悪意ある相手が一方的にあなたを責め、あなたはそのただの被害者であるという構図を明確に認識するのです。

あなたが相手の悪意ある行為に、自身の良心を惑わされず、相手に同調しなければ、どちらが悪いのかは周囲の目からは明らかになるのです。

あなたが真の人間関係を構築していこうとする過程において、このような悪意ある他者との関わり合い方というものは非情に大事になってきます。

誰かから一方的に責められた時に、どういう対応をするかというのを周囲の人達は見ているものです。
そしてその時にあなたの人間性というものが周囲の人達に示されるのです。

悪意には悪意をもって返す人であるのか、それとも悪意を受けても良心に従って軽やかに交わすことができる人であるのか。
あなたがもし後者のような対応をすることができたなら、あなたは誠実な人であると周囲の人に受け止められることになるはずです。
そして、あなたに悪意ある行為をした相手も周囲の目を意識していつまでもあなたに対してそのような行為を続けることができなくなるでしょう。

どんな時でも、悪意ある行為や言葉に惑わされることなく、自分自身を貫いていくことができたなら、その姿勢に感銘を受けた人達があなたの周りに自然に集まり、真の人間関係というものが形成されていくはずです。

あなたがもし、悪意ある行為を働いている人と、それに対して良心に基づき誠実な対応に努めている人を見た場合、どちらに対して信頼を寄せるでしょうか。どちらの人と関わりたいと思うでしょうか。
それは間違いなく後者のタイプの人だと思います。
人は誰でも自然と周りにいる人達の人間性、本性をその態度や言葉、行いから自然と見抜いているのです。

例え、あなたが誰かから悪意ある行為を受けてこころをかき乱したとしても、それに対して相手に仕返しをしなくても、どちらが正しいか、なにが真実かという事はいずれ周囲の人の目にはっきりとする時がやって来るのです。
あなたは自分の良心に従った態度を取り続けることによって、あなたという人間の持つ価値は高められ、磨かれていき、周囲の人達の助けを集められるようになり、人としての器が大きくなっていきます。
器の大きな人には、周囲の人はこころを寄せるようになります。こころから助けてくれるようになるものです。

いつでもどんな時でも、悪意ある他者の行為に同調しないで、あなたの良心に従った行動をこころがければ、自然にあなたの前に道は開かれていくでしょう。

プロフィール

Author:ヒカル
カウンセラー
(対人関係の改善をテーマにカウンセリングを行っています。)


私たちは生きていく上で、友人関係や夫婦関係、親子関係、恋人との関係、職場の同僚や上司との関係など、様々な人間関係の中で生きていくことになります。

そうした中で人を信じられなくなったり、人と分かり合えなかったり、人からどう見られているか気になったり、人と信頼関係を築きたいと願ったりするでしょう。

人生の中で起こりうるそのような人間関係の色々な局面を乗り越えて、より幸せな人間関係を築いていくためにはどうすれば良いのか、私が長年に渡り様々な方とのカウンセリングを行う中で導き出してきたアドバイスをお届します。
是非参考にしてみて下さい。

▼連絡先
izanakinote★gmail.com

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。