記事一覧




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会う人に得をさせることを考える

人間関係がいつもなかなか上手くいかない、出会う人、関わる人たちとすぐに疎遠になっていくことが多いといった経験はないでしょうか。
そういうことが多い場合、相手に得をさせようと考えていないことが原因の可能性があります。

相手が得することよりも、自分が得することだけを一番に考えて人と接していたなら、その思いが言葉や態度、行動につい表れてしまうものなのです。

それは、高圧的な態度であったり、自分本位の一方的な言い分だったり、相手の事を考えない強引な行動だったりします。
そういう言葉や態度、行動に触れると、人は誰でもなるべく関わらないようにしようと離れていくものです。
この人と関わったら自分が損をする。何らかの被害を被る。そのように思うものなのです。

一方、相手に得をさせる事を考えて接っすることを心がけたなら、その思いも言葉や態度、行動に自然と表れるものです。
それは、相手を楽しませるような会話をしたり、優しく思いやりのある態度で接したり、相手に親切にしたり、譲ったりする行動だったりします。
そういう言葉や態度に触れると、人は気分が良くなり、幸せで得をしたような気持ちになるものです。そして、その人となるべく関わりたい、近くにいて離れたくないと思うようになるものなのです。

あなたがもし、逆の立場だった場合を考えてみてもおそらくそうではないでしょうか。
いつも自慢話をする人や、一方的に命令ばかりする人、何事も自分の思い通りにしようとする人、そんな人とはなるべく関わらないでおこうとするでしょう。
一方、あなたの考えや気持ちを尊重してくれたり、あなたの立場に立って物事を考えてくれたりする人に対しては、好意を抱き、積極的に関わっていきたいと思うものでしょう。

このように考えていくと、会う人、関わる人に得をさせようと考えていると、一時的には自分が損をしたように見える事も、巡り巡って相手から感謝されて、逆に相手から助けてもらえたり、親切にされたりして、自分にとって得をする結果となるのです。

一方で、会う人、関わる人に損をさせるような言動や行動ばかりを取っていると、一時的には自分が得をしたように思えた事も、巡り巡って、相手から責められたり、足を引っ張られたりして、自分にとって損をする結果となりうるのです。

あなたがもし、これまでの対人関係を振り返って、出会う人、関わる人に対して、自分が得をすることだけを考えて、相手に損をさせてしまっていたなら、おそらく人間関係は上手くいかなかったのではないでしょうか。
そのような場合、相手も同じように自分が得することだけを考えて接し、あなたが損をするような行動を取るものだからです。
そして、その関係は次第に殺伐としたものになり、争いあったり、憎みあったりして終焉してしまうものでしょう。

よって、あなたが出会う人、関わる人に対して相手に得をさせようという気持ちを一番に持ち、優しい言葉や思いやりのある態度で接していくならば、相手も同じように、あなたに対して優しい言葉を掛けてくれるようになり、思いやりのある態度で接してくれるようになるでしょう。
そうした関係は、互いの事を尊重し合い、支え合い助け合うことのできる、永く続くものとなるのです。

相手に得をさせるということは、相手の考えや気持ちを尊重すること、相手の立場になって物事を考えることなどから始まります。
そうした考えや思いがあれば、すべての言葉や行動は自然と出会う人、関わる人に得をさせるものになっているものです。
よって、相手に得をさせるということは決して難しいものではなく、日々の何気ないことからでも簡単にできるものなのです。

これまで、自分が得をすることばかりを考えて、相手に損をさせていたなら、これからは相手が得をする事を考えるようにしましょう。
すると、結果として自分自身が得をするようになるのです。

プロフィール

Author:ヒカル
カウンセラー
(対人関係の改善をテーマにカウンセリングを行っています。)


私たちは生きていく上で、友人関係や夫婦関係、親子関係、恋人との関係、職場の同僚や上司との関係など、様々な人間関係の中で生きていくことになります。

そうした中で人を信じられなくなったり、人と分かり合えなかったり、人からどう見られているか気になったり、人と信頼関係を築きたいと願ったりするでしょう。

人生の中で起こりうるそのような人間関係の色々な局面を乗り越えて、より幸せな人間関係を築いていくためにはどうすれば良いのか、私が長年に渡り様々な方とのカウンセリングを行う中で導き出してきたアドバイスをお届します。
是非参考にしてみて下さい。

▼連絡先
izanakinote★gmail.com

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。