記事一覧




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな人間関係とは


人間関係を築こうとしていると、楽しい時もあれば、悲しい時、辛い時もあります。
楽しい時には、分かりあえていたと思っていた二人の関係も悲しい時、辛い時には相手の何もかもが信じられなくなり、二人の関係が、あまりにも脆く危ういものだったと気付かされたりすることもあります。
そして、二人の関係が楽しかった時には想像もしなかった「別れ」を選んでしまうこともあるでしょう。

人間関係で忘れてはいけないことは、二人の関係が楽しい時に、互いのことを冷静に見つめ、互いの何が好きなのか、自分は相手のために何をしてあげられるのかということをゆっくりと考えてみることです。
ただ、目の前の喜びに浸っているだけでは、二人でいることの深い意味は分かりません。そして、二人の前に起きる些細な出来事から、ただ楽しいだけの喜びは消えて、歯車は狂う時がいつかくるのです。

けれど、どんな時でもしっかりと互いの想いを見つめていれば、些細な出来事から二人の関係が崩れていくことも、歯車が狂うこともありません。
それは、二人でいることの意味を実感できているからです。

人間関係を築こうとしているとき、どれだけ相手の事を想っていても、そのことに相手が気付いてくれなかったり、受け入れられなかったりして辛い気持ちになることがあります。
そして、相手の気持ちを信じられなくなったり、相手を責めてしまうこともあるでしょう。

けれど、そんな時に少し辛抱して、ただひたすら、相手を想い続けることができたなら、いつか相手が自分の想いに気付き、受け入れてくれることもあります。
すると、自分の想いが相手の想いと交わり新しい想いがあふれ出し、より深く相手のことを想うことができるようになるのです。

人間関係には少しの辛抱を越えたところに、分かりあえる時が待っています。

相手との関係が始まった頃には互いの気持ちは新鮮なのでわずかなすれ違いや誤解はすぐに解決できることが多いものです。
けれど、時が過ぎていくにつれて互いのことをだんだん分かり始めてくると出会った頃は簡単に許せたことでも許せなくなったり、それほど気に留めなかったことが無性に気になって仕方なくなったりします。

これは、人間関係は時間が流れるにつれてゆっくりと二人の立場を変えていくものだからです。
だから、人間関係を永く続けていくためには互いに「好き」という変わらない気持ちは大切にしつつ互いに変わるべきところは変わっていく必要があります。

それは、出会った頃よりも相手に対して些細な思いやりをしたり、相手へ優しい言葉をかけるといった事からできるものです。
互いを知れば知るほど、これらの何気ないけれど忘れかけてしまっていることを大切にしましょう。
そうすれば、幸せな人間関係は永く続いていきます。


好きな人、信じられる人と出会い、人間関係がはじまると幸せな気持ちで満たされていくものです。一緒にいることの喜びや楽しさに包まれ、いつまでもそんな時間が続けば良いと思うものでしょう。
けれど、幸せな関係の時間を過ごしていると、だんだんその感覚に溺れ、人間関係に潜むこわさに気づかなくなるのです。

人間関係に潜むこわさとは、喜びや楽しさに浸り、ともすればそれに溺れてしまうあまり、いつしか相手に過剰なまでに望んだり、自分の理想を押し付けたり、求めたりすることにより、二人の間にある大切なものを傷つけていくことです。

幸せな時間が続けば続くほど、好きな相手の前ではどんなわがままも許されると勘違いしてしまい、知らない間に好きな相手のこころを傷つけ、二人の間に溝を作り出していることがあるのです。
「幸せ」は、いつも互いがこころの片隅に謙虚さと優しさ、思いやりをしっかりと持っていないかぎり、ほんの些細なきっかけで崩れていってしまいます。
だから、どんなに幸せな関係にある時でも、「人間関係のこわさ」をしっかりと心に留めておくことが大切でしょう。

人間関係を重ねるにつれて、失恋や別れを経験して叶わない想いを感じると、いつしか自分の求める人間関係に対して制限をかけてしまうようになります。
自分にはとても手が届かない、どうせ自分のことなど好きになってくれない、というように、人間関係に壁をつくってしまうようになるのです。

確かに、辛い別れや失恋を経験すると心が萎縮してしまうことは仕方がありません。けれど、心が萎縮したままであれば、本当に自分が求めている人間関係や、辿り着けるかも知れない人間関係の可能性を失ってしまうことにもなります。

大切なことは、別れや失恋の経験から自分自身を磨き、より幸せになれる人間関係を探そうとする気持ちでしょう。
だから、時には自分の対人観を縛っている制限を破り、憧れの人間関係を諦めている壁を壊して、ただ純粋に「好き」という想いを大事にしてみると良いでしょう。
そうすればいつか、運命的な出会いは予期せぬタイミングで訪れるものです。

人間関係を築こうとしているとき、互いに「気持ち」や「プレゼント」などの精神的、物質的なモノを与え合います。
そして、時には互いに「気持ち」や「プレゼント」を求め、それが過剰になりすぎるとただ奪おうとだけすることもあるでしょう。
人間関係が続いていくためには、二人の間で「与えること」と「奪うこと」のバランスがとられている必要があります。

ただ一方的に与えたり、また逆に求め続ければ、互いのどちらかが疲れてしまい、だんだん信じ合っているという実感を失ってしまうからです。
相手になにかを求めるならば、時には相手に求めたもの以上のなにかを与えることが大切です。
そして、その人間関係を本当に大切にしたいのであれば、いつでも先に相手に対して、その「想い」を与えることが必要です。
相手が喜ぶものを与えられれば、相手も必ずあなたが喜ぶものを与えてくれるでしょう。

プロフィール

Author:ヒカル
カウンセラー
(対人関係の改善をテーマにカウンセリングを行っています。)


私たちは生きていく上で、友人関係や夫婦関係、親子関係、恋人との関係、職場の同僚や上司との関係など、様々な人間関係の中で生きていくことになります。

そうした中で人を信じられなくなったり、人と分かり合えなかったり、人からどう見られているか気になったり、人と信頼関係を築きたいと願ったりするでしょう。

人生の中で起こりうるそのような人間関係の色々な局面を乗り越えて、より幸せな人間関係を築いていくためにはどうすれば良いのか、私が長年に渡り様々な方とのカウンセリングを行う中で導き出してきたアドバイスをお届します。
是非参考にしてみて下さい。

▼連絡先
izanakinote★gmail.com

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。