記事一覧




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

互いをより分かり合うために一番大切なもの


人間関係が続くにつれて、互いの気持ちの中にだんだん出逢った頃の新鮮な感覚や相手をいたわる想いが薄れてゆくことがあります。
いつしか当たり前のように傍にいる相手に対して「信じている」「信じられている」という実感すら忘れてしまっているかも知れません。
そして二人は、だんだん色褪せてゆく人間関係に気づかないまま、淡々とした関係を続けていくことになるのです。

二人で過ごす時間が長くなるにつれて、出逢った頃の新鮮な気持ちが失われていくことは仕方がないことでしょう。
相手のことを知れば知るほど、未知なるものを手探りで探し求める時のような興奮や興味は薄れていくのは当然のことだからです。

けれど、いつも当たり前のように傍にいる相手に対して、何気ない時にふと「ありがとう」という想いを言葉や行動で少しでも伝えられることができれば、人間関係はいつまでも色褪せることはありません。
そして、出逢った頃とは違う新たな感覚が互いのこころを刺激することになるのです。

自分の気持ちを確かめるために、そして相手の気持ちを確かめるためにも、何気ない時に何気なく「ありがとう」を伝え続けることが大切でしょう。

本当に友人になりたいと想う相手が現れた時、その人間関係を築くために誰でも様々なアプローチを試みようとします。
「友人になりたい」という気持ちを行動で示したり、おもいきって言葉に出して伝えたり、あるいは、相手に好きになってもらうような振る舞いをしたりすることもあるでしょう。
けれど、それらのアプローチが上手くいかない時、簡単に人間関係を築くことを諦めたり、投げ出してしまうことがあります。
そして、次の新たな人間関係を見つけてもまた、アプローチが上手くいかないと同じように投げ出すといったことを繰り返すのです。

このような人間関係を繰り返していると、だんだん幸せになれる人間関係からは遠ざかっていってしまいます。
人間関係を築いていく道のりは、時に辛抱強く一途に想い続けることや、待ち続けることが必要になります。
たとえ、一度や二度のアプローチが上手くいかなくても、ただ相手の幸せを願い続け、いつか相手の気持ちが動く時を待つことが大切なのです。

人の気持ちは移り変わるものです。たとえ今、相手が自分のことを何とも思っていなくても、いつかあなたの一途な想いに揺れ動く時が来るかも知れません。
本当に「好き」という想いがあるなら、幸せな人間関係を築きたいなら、その一瞬が訪れるまで待つ強い気持ちを持つことが大切でしょう。

人間関係を維持していると、二人の関係や心の中の世界は刻々と変化していくものです。
互いに対して抱くイメージ、愛しさや憎しみなどの感情が常に混沌と入り交りながら、二人の世界は動き続けていきます。

そして時には、分かり合えなくて憎しみ合い、でもやがて互いに許し合うことができて、いっそう分かり合えるようになるというように、二人の関係は、変わり続ける世界の中で常に進化していくものでしょう。

例え、互いに許し合えなくて「別れ」を選んだとしても、それぞれが次の新たな人間関係において、その経験を生かすことができたなら、その「別れ」も人間関係における進化のプロセスの一節になるのです。

人間関係において、どれほど辛い出来事も、悲しい想い出も、想いの向け方次第で常に人間関係の進化のプロセスにすることはできるのです。


人間関係が展開していく時、二人の間で大事な時期というものが何度か訪れるものです。あの時、もう少し違った行動をとっていたら、その後の二人の関係もきっと違っていたかも知れないと想えることが幾度かあると思います。

そして、それを乗り越えられれば、互いをより分かり合えるようにもなることができ、逆に乗り越えられなければ、分かり合えないまま進んでいくか、別れを選ぶことにもなるでしょう。

この大事な時期を乗り越えるためには、また、互いをより分かり合うために一番大切なものは、相手に対する「好き」な気持ちや想いの伝え方です。

それは、想いを99パーセントまで伝えた後の最後の1パーセントのとどめをしっかりと刺すことができるかということです。

この最後の1パーセントのとどめの想いをしっかりと届けていなければ、どれほどそれまで相手のことを想っていても、相手に99パーセントまで尽くしていても、結局なにも伝わらないこともあり、人間関係はそれ以上に展開していかなくなります。

だから、二人の関係にとっての大事な時が訪れたら、自分自身の素直な気持ちに戻り、相手に対して「好き」という最後の1パーセントのとどめの想いを必ず届けるようにしましょう。

好きな人に対して誠心誠意こめて自分の気持ちを伝えても、なかなかその想いが相手に伝わらないことがあります。
こころの底から相手のことを想っていても、四六時中、相手のことばかりを考えていても、好きな人にはその強い想いを気づいてくれずに切ない気持ちになることもあるでしょう。

そしていつか、その切なさに耐えきれなくなり、強い気持ちを手放し、人間関係を諦めてしまったりします。
けれど、そういうプロセスを繰り返していては、本当に欲しい恋や大切な人、運命的な人間関係はなかなか自分の元に引き寄せられないものでしょう。

伝わらない想い、叶わない気持ちがあるなら、時には静かに「人間関係が上手くいく時」をじっと待つことも必要です。
ただじっと、おおらかな気持ちで好きな人のことを見守るということも、誠意になるのです。

そして、好きな人がその誠意に少しでも触れた時、気づいた時、本当に大切な存在を知り、あなたの運命的な人間関係が始まるかも知れません。

好きな相手と上手くいっているとき、その関係に夢中になるあまり、好きな相手のことしか考えられなくなり、見えなくなることがあります。
何をしていても、何処にいても「好き」という感情が常に優先されて、時には日常の嫌なことや辛いことを忘れることもでき、時には、恋愛と同じくらい大切なものを見失ってしまうことにもなります。

二人が幸せであればそれだけでいいと思えることは、とても幸せなことですが、二人以外の周りの人はどうでもいいと思い始めたとしたら、いつか大切なものを失い、ひいては大事な関係さえも崩れていくことになるかも知れません。

好きな人と二人で幸せな時こそ、周りにいる人のことも大切にし、周りの人達も同じように幸せになることを願う気持ちが必要です。
そうすることによって、周りの人達からも二人の関係を応援され、支えてもらうこともできるようになります。

人間関係が上手く行っている時には、ただ相手だけに視野を奪われるのではなく、周りで支えてくれる人達にまで常に視野を広くもつように心がけましょう。

プロフィール

Author:ヒカル
カウンセラー
(対人関係の改善をテーマにカウンセリングを行っています。)


私たちは生きていく上で、友人関係や夫婦関係、親子関係、恋人との関係、職場の同僚や上司との関係など、様々な人間関係の中で生きていくことになります。

そうした中で人を信じられなくなったり、人と分かり合えなかったり、人からどう見られているか気になったり、人と信頼関係を築きたいと願ったりするでしょう。

人生の中で起こりうるそのような人間関係の色々な局面を乗り越えて、より幸せな人間関係を築いていくためにはどうすれば良いのか、私が長年に渡り様々な方とのカウンセリングを行う中で導き出してきたアドバイスをお届します。
是非参考にしてみて下さい。

▼連絡先
izanakinote★gmail.com

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。